main

患者様には正しい医療知識を少し知っていただきたい。そして若い先生達の技術、知識の底上げを日々考えています。

11月となりました。

11月となりました。鍋物が恋しい時期となりましたね。私は個人的にはカキの土手鍋が好きなのですが、皆様はいかがですか?

 

今月も腰痛について少々お話をさせていただきます。

 

私の治療所に来られた方々は、皆様口を揃えて「いろいろな治療を受けてきたけれど、今ひとつすっきりしない。」と仰います。私の父(多田幸一)は、そのように仰る方々に対して「ここを終着駅にしなさい。」と述べておりました。私も、「もうここでドクターショッピングは終わらせましょう。」とお伝えする事があります。永年の腰痛であれば数回、最近のものであれば2~3回で改善いたします。

 

その後は生活習慣や仕事内容等によっていろいろですが、過去には、10年以上も再発しなかったタクシードライバーの方もおられました。生活習慣病としての腰痛の方に対しては、QOL(Quality Of Life)を向上させるために必要なアドバイスを差し上げる場合もあります。アドバイスとしましては、食生活であったり、簡単な体操であったり、日常の動作や所作の修正であったり、腰痛に対する考え方を改めていただくためのカウンセリングであったり、、、etcとさせていただいておりますが、腰痛が改善された方もその後、背痛、腹痛、頭痛、、、etcで再び来所されたり、もうあんな生活には戻りたくは無いとメンテナンスで時々来所されたりする方も大勢過ごしていただいております。また、中年以降の生活に対してのQOLを求めて、メンテナンスにお見えになる方も大勢い居られます。

 

腰痛は「そのうちに治る」「時間が立てば落ち着いてくれるだろう」で悪化・慢性化させてはなりません。速やかに改善したほうが後々のために良いでしょう。また、永年腰痛で苦しい生活を強いられてこられた方々は、ぜひとも治療して楽になってください。そのために治療院選びは大切です。すべての治療院が同じレベルではありません。お医者様にも名医と迷医があるように、私達手技療法家にもピンからキリまで様々です。患者さんの言葉にも傾けて丁寧に対応してもらえる治療師のもとへ行くようにしてください。真面目に治療をしている治療師は決して自分の治療を安売りなどはしません。なぜならば、それなりのプライドが有ります。その料金はプライドの表明でもあると思ってください。

 

ps.

最近の少し気になった本です。

「安い食べ物」には何かがある

南 清貴 著、三笹書店

10月となりました。

10月となりました。

果物の美味しい時期ですが摂りすぎにご注意!果物の甘さは果糖という単糖類で、これは体内でのエネルギー源として代謝されずに脂肪となります。

ご用心、ご用心!

 

さて、今月は腰痛について少しお話をさせていただきます。

腰痛は現在、西洋医学的にはその治療法が確立されていない病気とされています。

現代医学で腰痛は、

①特異的腰痛

②非特異的腰痛

に二分されています。

 

①は、原因が特定できる椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、圧迫骨折などCT検査やMRI検査などで原因が特定できる腰痛です。

②は、原因の特定できないぎっくり腰などの腰痛です。

そのうち、①は15%、2は85%とされています。しかし、医師は原因不明とすることはできない(カルテにそう記載できない)ので一応の病名を記載するようです。

 

私達長生医学では②については、脊椎(背骨)が正しい位置から僅かにずれたために脊椎よりでる脊椎神経が圧迫される神経根圧迫症状と考えております。この他にも実は腰痛の原因はいろいろと考えられます。他の疾患の前駆症状であったり、その疾患の症状のひとつであったり、あるいは筋肉を包んでいる筋膜の攣れであったり、内臓の疲れからくるものであったり、etc,,,であり、医師が首をひねるような場合も無八判では無いかも知れませんが、それは腰痛に対する認識の違いであると思います。私達、長生医学ではすべての病気は私達の身体を動かす神経の流れの不調と、さらに東洋医学全般に流れている考え方(哲学)にプラーナ(または気)の流れが悪いために病気が発生するのである。という認識を持っています。

現代医学ではこのプラーナ(気)については全く認めていませんが、私達はこのプラーナの改善によって病気は治ると考えています。

①についても手術や投薬によって一時は治まっていたのに、後日再び痛みが再発したりすることがありますが、これも本当はこのプラーナの不具合が放置されていたためであると考えておりますので、私は①も②も合わせて治療に当たらせていただいております。

今までの35年間の経験上、多くの方が改善されております。

高校生時代の部活で腰痛となり以降いろいろな治療を試みたにもかかわらず良くならずに中年となり、子育てや将来のことを考えると不安になる、、、等々悩まれて私のところへおいでになられる方々も決して少なくはありません。

 

私の治療は、問診や触診を含めて1時間ほどとしておりますが、あっけなく終了してしまう場合もあれば、1時間以上を必要とする場合もありますので、料金は時間に対するものではなく、1回で¥7000-とさせて頂いております。「1時間半も治療してもらって儲けたい」のではなくて、それほどに悪いのだと認識していただければ幸いです。

 

腰痛で永年苦しんでこられた方はこの機会にぜひご相談ください。当方は予約制ですので、必ずTEL045-746-1313 までお電話をしてください。お待ちしております。

九月となりました。

九月となりました。

八月も七月に続いて猛暑でしたね。体調を崩された方もお有りではないでしょうか、、、・

 

これからは果物の美味しい季節となりますが、果物の果糖はブドウ糖と違って代謝されませんので、肝臓で脂肪に帰られてしまうので程々にしましょう。まぁ、ブドウ糖も運動をしない人では同様に脂肪に変えられるのですが、、、。体内でのエネルギ^源としてのブドウ糖の貯蓄量は2時間分m御入義理一個分くらいで、あとは脂肪に変わります。あまり炭水化物を多くとっているとそれはあなたの体に脂肪となって蓄えられてゆくのです。

 

インスリンはブドウ糖を筋肉や肝臓に吸収するのを促進するだけでなく、ブドウ糖を脂肪に変える働きもあるからです。近年になって、インスリンは膵臓からだけではなく、脳の記憶に深く関わる海馬でも分泌されている骨が判明し、糖質の過剰摂取がアルツハイマー病を発症することもわかってきました。

 

また、がん細胞は、自身の生存のためにはブドウ糖が不可欠なのです。したがって糖尿病の人はガンにもなりやすい、、、という事になります。このことを詳しく知りたい方は、

「アルツハイマー病は『脳の糖尿病』」

講談社 ブルーバックス B2025

をお読みください。ゾッとします。

 

また、コレステロール値についていろいろと聞かれることが多いのですが、まだ石の中に低コレステロールが健康に必要であると考えておられることにびっくりします。最新のデータでは、コレステロール値の低い人の方が、早死にする!となっています。この事に詳しく知りたい方は、

「その健康常識を疑え」 土田 隆 著

宝島社刊

をお読みください。自分の体は自分で守りましょう。

8月は猛暑にお気をつけください。

八月となりました。

七月中は全国的に大変な猛暑と大雨で、この日本はいったいこれからどうなってしまうのだろうか、、、と心配になってしまいますが、この異常気象は世界的なもののようです。異常気象は今に始まったことではありません。異常気象は今に始まったことではありません。この地球45億年の歴史の中で何度も全地球規模でち地球上の多くの生物が大絶滅したことが何度もあったのです。特に壊滅的な大絶滅は5回あったのです。

 

私は幼少期より古代生物に興味を持ち、それは現在でも変わることはなく、古代生物の本を見るとつい買ってしまうのです。それは恐竜に限ったことではなくて、恐竜よりもさらに古い時代の生物たちも含めてなのです。天変地異が起こり生物たちの大絶滅があり、その後に新しい生物が発生したり、大進化が怒ったりを繰り返して、この地球上の生物六億年の歴史が繰り返されてきたのです。その天変地異に比べれば、おそらく現在の異常気象などは取るに足りないことなのかもしれません。

 

それよりももっと恐ろしいのは、ほぼ独裁者と言っても良い様な国家首脳たちの動向です。現在地球上には、この地球を数個ふっ飛ばすことが可能な核兵器があるというのに、、、。

ああ、我々人類が恐竜の二の舞にはなりませんように。

 

恐竜と言えば、昔NHKで放送されてたことがあり、その内容に対して金子龍一家は「最新恐竜学レポート」2002年間の中で批判しておられる様に番組制作スタッフの考えで一号的に学術的な検証もあまり正確になされなかった様子が詳しく語られてあります。実はNHKについては医学番組についても、その内容については誤りではないにしても、少々眉をひそめてしまうことも時々あります。「医学はすべて、、、なら、、、であろう。」という家庭に基づいたものであり、完全に科学的に正しい学問であると断言することは危険なのです。

 

すべてを盲信するのではなく、今一度己自身の眼で判断すべき時代なのでは無いでしょうか。今世の中にはインターネットやSNSの、、etc で様々なニュースが氾濫していますが、その中には残念な事にフェイクニュースも多くあるようです。その様なフェイクニュースに載せられないためにもその様なメディアを正しく判断することができる知識と情報を持つことが必要なのかもしれません。

『新聞に載ったから』『テレビでほうそうしていたから』で本当に信じてしまって良いのですか。

 

私はたまに患者様とそのようなことをお話することもあります。また『お医者様はこういう答』でも『海外のお医者様はこう考えていることもありますヨ』的な事もお伝えしています。

栄養学、細胞生物学、生態生理学…etc を総合すると不合理な治療が時々散見します。

医学は応用生物学の一分野であると私は考えておりますので、生物学の基礎があってこその学問となっていくと考えてもおります。

夏休みも営業してます!

7月となりました。皆様は夏休みのご計画はいかがでしょうか。多田治療所では例年7月~8月上旬は休み無しで営業いたしておりますので、帰省する田舎がない方や、込んでいるリゾートに行くのは嫌だとお思いの方はぜひいらして下さい。私は、夏休みはこの数年、8月下旬から9月上旬に2~3日信州に出かけることで済ませております。

 

高速道路も旅先も比較的に空いており、宿も空いていてサービスも良いのでのんびりと過ごせます。昨年は、白馬と霧ヶ峰に各一泊でドライブ旅行に行って来ました。信州のおいしい蕎麦とお酒を堪能して来ました。思い出して喉が鳴る、、。

 

昔、当治療所では小児喘息が軽快した男児が家族とキャンプに行き、例年だと夜中に発作で帰宅してしまうことが通例だったそうですが、その年は発作もなく、ご両親にとっては、最高の夏休みとなったとのことでしたが、最終日に河原で遊んでいて足首を捻挫してしまったのです。両親は慌てて帰宅して子供病院に連れて行こうとしたところ、「病院ではなくて多田先生の所に行きたい。先生ならきっとすぐに直してくれる。」といったので、私の治療所へ直行したのです。当然、この男児は15分程で全く元通りには跳ねたり飛んだり走ったりして大喜びでした。

 

この少年は、今まではそんなにはしゃぐと発作(労作性喘息)を発症していたのですが、そのときにはもう何ともありませんでした。ご両親には、この状態が完全に安定するまで後少しだけ通院させてほしい旨を伝え快諾を得て、9月いっぱいの通院となり完治しました。実はその後、夏休みの後半に再度キャンプに行ったのだそうです。遠回りなのにわざわざお土産をお持ちいただいて、大変嬉しい思いをしたことがありました。その子はもう今では立派な社会人となって活躍しております。

 

夏休み中にはいろいろなことが起こりますが、私の所は営業しております。病院がお盆休みでお困りでしたら、一度ご相談下さい。もし簡単に対処できるようなことであれば、お電話でお教えいたします。

 

それでは楽しい夏休みをお過ごしください!!

梅雨の症状[膀胱炎・リウマチ・関節痛]

六月ですね。梅雨シーズンに入りますので、お身体を大切にして下さい。梅雨時には「梅雨冷え」とか「梅雨寒う」等々冷えることに対する注意喚起の文言が古来よりありますが、一体どのようなことがあるのでしょう。

比較的に多いのかといいますと、膀胱炎、リウマチ、膝や足首の関節痛等々です。特に膀胱炎は、薄っすらと汗をかいた身体でエアコンの効いた部屋に入ったり、タクシー等で冷えたり…等々で発症し易いのでご注意下さい。また喘息も梅雨時に多発します。

 

さて話題は変わりますが、足首捻挫は足首が悪い…とお思いでしょう?! でも私はそうは思わないのです。仙骨内での反射が正しく行われていないために足首を捻ってしまうのです。ですから足首を一生懸命に湿布したりテーピングをしたりしても改善しないのです。そして、繰り返すのです。

まず足部ですが、足にはショパール関節とリスフラン関節と呼ばれる部位が有ります。この2つの関節の間にはいくつかの骨がありますが、私の経験では、そのうちの第一楔状骨が背側(上方)へ亜脱臼を起こしたものが多いように思います。ですので、ここを矯正します。さらに、仙骨(仙骨関節)を矯正いたします。通常この2箇所の矯正によって捻挫は治療しますし、繰り返すこともありません。港では、捻挫は癖になるとか、繰り返す等々言われますが、それは本当に正しい治療が施されていないからに他なりません。

 

もうひとつ、寝違い。首を回すことがとてもつらいですよねぇ。これも首が悪いのでは無いのです。「第七頚椎と第一胸椎のずれ」と一般的には認識されておおりますが、(別に私はこの考えに反対はしませんが)、私の治療では腰の下部に特別な操作をします。すると忽ち痛かった首が動くようになります。しかる後に第七頚椎と第一胸椎を矯正します。

 

痛みを発している場所に本当の原因がある場合ばかりではないのです。痛いところとずっと遠く離れたところに本当の原因が潜んでいることもよく分かるのです。そのために私の治療では全身を治療するので時間がかかります。

¥3,980円でその箇所を揉んでもらいますか……?! お選びになるのは貴方様も自由です。ではご自愛ください。

GWの営業について

五月ですね。私の治療所は連休中も下記の通りに営業致します。

{午前中 9:00~12:00 午後 15:00~17:00}

終了時刻が17:00ですので、お間違えの無い様に御願い致します。

 

近頃港では¥2,980-とか格安のマッサージが増えておりますが、中には資格を持たないものを使用している店も有る様ですのでお気を付け下さい。国家資格を取得して営業しているなら、そんな格安で出来る筈は無いでしょう。現在は、資格取得のために3年間勉強し、国家資格(コレが結構難しいのです)を受けて治療師となれる訳です。私たち長生医学会中央部(東京・神奈川)では、毎月第四日曜日に集まって研究会(勉強会)を開催しており、日々勉強、研鑽を行って技術向上を計っておりますので、そんな格安での技術提供はできないのです。是非本物の手技療法を体験してみて下さい。私の治療は、どちらかと言えば、深層筋群(インナーマッスル)や筋膜を緩める事を主体として、必要に応じて骨格矯正を行います。骨格矯正と言っても、私の場合は、テレビでよく見る様な強烈なものではありませんし、怖いのであれば拒否することもできます。また、私の治療は一人ひとりの身体を診てのオーダーメイドの治療で、同じ主訴でも人によっては治療が異なりますので、画一的なマニュアルに従って行なうものではありません。ですので、治療時間も画一的なものではありません。

 

港には、画一的なマニュアルに従って、アウターマッスル(表在筋)を緩めるのみのマッサージが流行っている様ですが、自律神経的な疲労はインナーマッスルを緩めないことには解決はしません。しかし、インナーマッスルをきちんと処理できる治療師は、そう多くはないと思います。また、インナーマッスルを緩めるストレッチングを行なうための本も多く出版されておりますが、運動の素人がその様な本を見たところで、正しく理解して実行できるとは考えられません。実際に私のところに来られる方々の中に、その方には合っていないストレッチングやトレーニングによって、具合が悪くなってしまった、という方々もお越しになります。くれぐれも素人判断はなさらない様にお願い致します。スポーツで汗を流すには良いシーズンとなりましたが、ご自分の体が年齢に見合った内容でお楽しみくださいませ。なお、足首の捻挫は、一刻も早く私の処へお越しください。びっくりする程に早く尚り、再発も難しいのでお試しください。

当院の治療方法

先日(3/25)は私の所属する日本長生医学界中央支部の総会及び、研究会が有ったのですが、総会に出席した後、研究会には参加せずに、横浜大岡川に桜見物に行ってしまいました。

 

大岡川沿いにある古書店(ここには、美術系の古書が多いです)へ行った処、入口付近にレコードが有りましたので、少し物色していましたら、SHELLY MANNEのレコードを見付けましたので、早速それを購入して花見を続行しました。1967録音のJAZZアルバムです。家に帰り早速聴いてみましたが、正に当時の白人JAZZそのものでした。希少なアルバムがまた増えました。

 

さて、最近当治療院へお越しになる方々は、整形外科・鍼・マッサージetc・・・と一通り体験された方々が多いようですが、なかなか改善しないので私の処へおいでになったとのことです。中には「力任せに筋肉を揉まれて、かえって悪化してしまった」という方もおられました。私ノリ両院は表在筋(アウター・マッスル)を揉むのでは無く、深層筋(インナー・マッスル)を緩める事に主眼を置き、表在筋に対しては、その筋肉の起始・停止部を刺戟して緩める方法を取る事が多いので、他所のマッサージとは異なっています。

 

また、私の治療所へ来所される方々は、腰痛・肩凝りばかりでは無く、便秘・食欲不振・食欲過多・膝肩足首捻挫etc・・・で、近頃は少し減ったのは、小児喘息アトピー・ニキビetc・・・です。ニキビは洗剤や強い力で洗ったりしてはダメです。アトピーもニキビも東洋医学的には大腸と関わりがありますので、大腸癒とハウ経穴(ツボ)を刺戟したり肝癒を緩めたり、腹部をゆるめたりetc・・・と旋療する事で改善します。私の企業機密を公開しても大丈夫。他の人には出来ませんから。そうなんだ!!と判っても、どうやるのかが判らなければ治せないでしょう・・・。過去にはパーキンソン病の方の治療も行いました。これは「治療後暫くは楽に居られる」との事でした。

 

症例紹介と整体の意外な効能について

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は多くの患者様にお越しいただきまして心より御礼申し上げます。

 

さて、若年性特発性関節炎の幼児ですが、近頃では、吉野町駅から私の治療所まで700m程あるのですが、自ら歩いて行くと言って自分の足で歩いて来るそうです。爪先立ちでの歩行では大変だとは思うのですが、自分でも何とかしたいという想いが出てきた事に感動しております。

 

この若年性特発性関節炎について少々ご説明させていただきます。

まず、“若年性”という語句は説明不要かと思います。“非成人に発症する”という意味です。“特発性”というのは、“現代医学では原因不明である”という意味です。

この幼児(4歳半)は、足首と膝関節が曲がらない(伸展ができない)為に昨年の段階では這い這いでしか移動ができなかったのですが現在は爪先立ちで治療所内を走り回っております。私といたしましては、少々安心しました。

“特発性”と病名に付いたという事は、リウマチのような自己免疫疾患や感染症ではないという意味です。(まあ、リウマチは治せますけれど…。)

本例は、幼児という事も有りまして、委託すればもう触らせてはもらえません。先ずは仲良くする事から始めなければなりませんでした。

本人が持参した恐竜のビニール・フィギアで一緒に遊びながら片手で治療を行うことが半年続きました。でも今は母親のスマホでゲームに夢中なので、治療も以前よりかなり楽になってきました。

 

もうひとり、副鼻腔炎の女性ですが、隔週の治療でも有る為に完治には至らないのですが、現在は左側のみで、軽快となっております。

また、別の女性が風邪から副鼻腔炎となり鼻の周囲が痛い、と訴えてお見えになりましたが、施術後、楽になったとのことでしたが、1~3時間後に血の混ざった膿が出るよ、とお伝えしました。膿が出るとスッキリとして以後良好となりました。

 

私の処へは“風邪をひいた”との主訴でお越しになる方が結構おられます。私の治療を受けた後、自宅で寝ていると2~3時間後にスッキリとして楽になるのです。

 

昔は受験生がよく来られました。治療を受けると頭がスッキリとして能率よく勉強がはかどる、とのことでした。

 

そう、私の治療では、ニキビも簡単に治るのです。痛くは有りません。ニキビにも触りません。でも治るのです。

 

整体って肩こりや腰痛が主だと思ってはいませんか?

いろいろな疾患にも対応しているのです。是非ご相談ください。

 

私の治療所は予約制とさせていただいております。予約なしではお越しいただいても診る事はできませんので、必ず予約をしてください。

私は、患者様が良くなられて笑顔で帰られるのが何より楽しみとしております。

年末年始の営業について

年末年始の営業についてお知らせ致します。
・12月23日(土)は午後5時(17:00)で営業は終了させていただきます。
・年内は12月28日(木)の午前中のみの営業となります。
・年末年始は、12月29日(金)~1月3日(水)まで休業とさせていただきます。
・1月4日(木)は午前中のみも営業となります。
・1月8日(月)は午後5時で営業は終了させていただきます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
本年中は多くの方々に多田治療所をご利用いただきまして、心より感謝申し上げます。

そこで、初診の方は、このページをプリントしてご持参いただくと、
初診料¥3,240-を初診¥0-
とさせていただきます。

このサービスは12月中いっぱいとさせていただきます。