多田治療所のブログ

患者様には正しい医療知識を少し知っていただきたい。そして若い先生達の技術、知識の底上げを日々考えています。

受験シーズンもいよいよ佳境に!!

受験シーズンも佳境。受験生の皆様そして受験生を抱えていらっしゃるご家族の方々は大変な事だと存じます。

健康管理はしっかりとしてくださいね!

 

風邪・インフルエンザ・ノロウィルス、花粉症…etc

いやな季節でもあります。

「健康は一に睡眠、二に睡眠」です。

質のよい催眠以外に健康を保つ方法はありません。

 

それでは、質のよい催眠とはどういったものでしょうか?

 

夜は10時30分までに床に付くこと。

11時頃から2時間頃に完全に熟睡していることがたいせつです。

この時間帯にのみ脳はセロトニンを分泌し、脳下垂体は成長ホルモンを分泌するのです。

これによって私たちの身体の免疫システムが発揮されて風邪やインフルエンザに立ち向かうのです。

この時間帯に熟睡できていないと免疫システムは全く発揮されません。これは最近の免疫額で分かってきたことです。

また、このシステムによって体内の悪性新生物つまり癌細胞をやっつけるので大事なことです。

 

また、セロトニンや成長ホルモンなどには脳の動きを正常に保つ働きのあるもです。

もうこの時期になって慌てて勉強したところでどうしようもないでしょう。

 

私も45年前は受験生でした。東大の安田講堂事件、浅間山荘事件、奥多摩大菩薩での集団リンチ事件などの

ニュースをテレビで見ながら受験で東大・京大・千葉大が受験なしとなり受験生みなパニックでした。

私は「もう焦っても仕方がない」と腹を決めて、受験の時間帯に最も脳が冴えるような時間に生活時間を合わせていました。

そのおかげでどうにか志望校に合格することがきました。

 

私は受験の3日前に、西丹沢へ沢登りに行ってきました。

母は「風邪をひいたらどうするの。」と心配しましたが「好きなことをして風邪引くバカはいない。」とうそぶいていました。

恐らくそういった余裕の副交換神経優位に働いて、風邪もひかず、受験を乗り切ったのだろうと思います。

また、副交感優位であることも免疫力アップにもつながります。

 

なかなか、眠れない…。

それは交感神経優位の状態だからです。交感神経優位な状態では免疫力が低下し、脳の働きも

いわゆるパニック状態にあるので冴える訳もありません。くれぐれおご自愛ください。

 

「どうしても眠れない」そんな時は、電話でもご相談を承っているので

お気軽にご連絡ください。

 

院長 多田

新年明けましておめでとうございます。

まもなく花粉症シーズン到来となりますが、花粉症の方はそろそろ準備をされたほうがいいかもしれません。

 

実は30年以上前に花粉症を発症しまして大変苦しい経験を致しました。

「この花粉症をなんとかしたい…。」と思い、自分をモデルにいろいろと試行錯誤をしながら20年程前より

軽減し始めて、最近では朝、起床時に鼻がムズムズして2〜3回くしゃみをして終わりです!

一度発症したアレルギー反応は完治することは無いのでしょうが、今では黄色い花粉が舞っている道をドライブしていても

平気です。

この気持ちの良さを花粉症で悩んでいるおられる方にもしって頂きたいと思いまして、現在、当治療所に来院いただいております、

花粉症の方々は12月頃より治療を加えておりますが、整体でなんで花粉症が改善できるのかと疑問を感じる方もいらっしゃると思います。

整体といえば肩こりや腰痛を治すところと決めつけてはいませんか?

当院ではそういった謂整形外科的な痛みの治療ばかりでは無くて内科、婦人科、眼科など、の方々が来院されており、

専門院とは違ったそれなりの結果もでております。

 

花粉症はアレルギー疾患の一つですので基本的にはアレルギー疾患として治療を行います。

一度で結果のでる治療ではありませんが他の疾患・病気などで来所された方々の既往症として花粉症をお持ちの方に退位しては治療メニュー

の中に入れておりますので、花粉の時期になると皆様「そういえば花粉症の症状がでていない…。」「もう忘れていた…。」といった話をいただいております。

花粉症でお悩みの方がいらっしゃいましたら、施術の際に是非お声かけください。

 

多田